映画『スーパーマン リターンズ』あらすじ、作品情報

あらすじ

何一つ残っていなかった宇宙墓場から再び地球に帰還した彼は、変わってしまった地球に困惑
母は「あなたは一人じゃない」とスーパーマンを息子・クラークとして励ます。
クラーク・ケントがデイリープラネット社に復帰を果たした日、ロイスは新型シャトルの実験飛行に立ち会うが、ルーサーが起こした停電のせいで墜落死するところを、危うくスーパーマンに助けられる。
「なぜスーパーマンは必要ないか?」という記事でピューリッツァー賞まで受賞
自然史博物館に忍び込んだルーサーは、クリプトナイトを含む隕石を盗み出した。
なぜ地球を離れたかを説明するため会いに行くが、ロイスは婚約者のリチャードとスーパーマンの間で心が揺れ動く。
スーパーマンはクリスタルが盗まれたことに気が付き、急いで引き返すが、ロイスと息子ジェイソンがルーサーに拉致
ロイスがファクスで急を知らせようとした時、ルーサーの護衛に気付かれ殺されそうになるが、息子に助けられる。
クリプトナイトでコーティングされたクリスタルは大西洋に打ち込まれ、海底では異変が広がっていた。
マンハッタンは町中を地下の蒸気パイプで暖房しているので、地下道は弱点
飛行艇で救助にいったロイスの婚約者リチャードも異変に巻き込まれ、ルーサーのクルーザーごと沈んでしまうが、間一髪スーパーマンに助けられる。
飛行艇の中でロイスの手でクリプトナイトを摘出してもらったスーパーマンは、クリプトナイトが刺さっていた位置を見抜いた
スーパーマンをロイスとジェイソンが見舞い、キスをするが意識は回復しない。
看護師が巡回に行くとスーパーマンが消え、病院はたちまち厳戒態勢となる。

ワーナー・オンデマンド配信中『スーパーマン リターンズ』予告編

登場人物

クラーク・ケント / スーパーマン – ブランドン・ラウス

ロイス・レイン – ケイト・ボスワース

レックス・ルーサー – ケヴィン・スペイシー

リチャード・ホワイト – ジェームズ・マースデン

ジェイソン・ホワイト – トリスタン・レイク・リーブ

ペリー・ホワイト – フランク・ランジェラ

マーサ・ケント – エヴァ・マリー・セイント

キティ・コワルスキー – パーカー・ポージー

ジミー・オルセン – サム・ハンティントン

スタンフォード – カル・ペン

老バーテンダー – ジャック・ラーソン

ガートルード・ヴァンダーワース – ノエル・ニール

ジョー・エル – マーロン・ブランド

作品情報

タイトル:スーパーマン リターンズ

原題:SUPERMAN RETURNS

製作年度:2006年

上映時間:154分

製作国:アメリカ

ジャンル:SF、アクション、アドベンチャー

監督:ブライアン・シンガー

製作総指揮:クリス・リー、トーマス・タル、スコット・メドニック

脚本:マイケル・ドハティ、ダン・ハリス

音楽:ジョン・オットマン

参考サイト

スーパーマン リターンズ

超映画批評『スーパーマン リターンズ』85点(100点満点中)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする