マイホームの新しい活用法|アパートの投資物件で思い描いた人生を実現|チャンスを掴め
婦人

アパートの投資物件で思い描いた人生を実現|チャンスを掴め

マイホームの新しい活用法

部屋

マイホームを人に貸す制度

リロケーションという言葉は、まだ聞いたことがない人が多いでしょう。憧れのマイホームを建てて住み始めてから急に転勤の話が決まった、ということはそう珍しい話ではありません。家族と離れて単身赴任をするといった人も多いでしょう。しかし家族がバラバラになるのではなく、みんなで引っ越し、空いている家は人に貸す、というマイホームの活用法がリロケーションです。家を空けている間も住宅ローンの支払いは続きますし、税金も加算されます。また人のいない家というのは痛みも早く、また防犯の面でも心配です。リロケーションを使用すれば、家族が離れることもなく新しい生活が始められ、貸している間は家賃収入が入るためにローンや税金を払うこともできます。2000年に定期借家契約が可能になったために民間でもニーズが高まっています。

自分のいない間だけ貸せる

自分の家を人に貸したい人は、必ずしもリロケーションを利用する必要はありません。昔から親族などに貸したりする人はいましたし、自分で借家の管理や経営などが出来れば、直接貸した方が手数料などを取られることもなく収入は大きくなります。しかし、海外赴任や遠方の転勤で自分が管理できる範囲から離れてしまったり、不動産賃貸の業務を自分で行えない場合は、リロケーションサービス業者を介した方が安心だと言えるのです。リロケーションによる賃貸契約は、契約期間満了時には借主は基本的に更新できず、マイホームは速やかに家主のもとに却ってきます。自分の転勤や海外赴任終了の時期を見越して契約が出来るので、貸主としてはメリットが大きいのです。定期借家契約が解禁され、リロケーション業者も利用者も増えています。信頼できる業者に任せて、マイホームを有効利用しましょう。