老後の収入を確保する|アパートの投資物件で思い描いた人生|管理などは業者に頼む
婦人

アパートの投資物件で思い描いた人生|管理などは業者に頼む

老後の収入を確保する

硬貨と貯金箱

賃貸マンションを経営する

バブル期以前は銀行預金の金利がかなり高かったため、定年退職時にもらった退職金を銀行に預け、その利息で年金の不足分を補てんするという形をとる人がたくさんいました。しかし、現在のような状況では、その方法をとることができません。また、年金制度の先行きが不透明なため、老後の生活に不安を覚える人が増えてきました。公的制度だけでは不十分だと考える人が、老後の生活費を確保するために賃貸マンション経営に乗り出しています。株式などの金融商品に投資するという方法もありますが、読みが外れてしまうと無一文になってしまう恐れがあります。しかし、賃貸マンション経営の場合は、たとえ入居者がゼロになってしまっても、マンションという資産が手元に残ります。税金の面でも何かと有利になるため、賃貸マンション経営を始める人が増加しています。

空室対策

賃貸マンションオーナーが一番頭を悩ませるのは、空室の問題です。新築物件を好む人が多いため、賃貸マンションを建てた直後は、放っておいても割りと簡単に部屋が埋まります。そのため、多くのオーナーが家賃保証サービスを利用しています。家賃保証サービスというのは、その名が示している通り、業者が家賃を保証してくれるサービスのことです。家賃保証サービスの利用契約を結ぶと、家賃保証会社が賃貸マンションを丸ごと全部借り上げてくれます。そして、空室状況に関係なく、一定額の賃料をオーナーに支払ってくれるようになります。空室対策で頭を悩ませる必要がなくなるため、大勢のオーナーが家賃保証サービスを利用しています。